文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 学ぶ・遊ぶ > 子育て > 児童扶養手当

児童扶養手当

1.支給対象

手当を受けることができる人は、次の条件に当てはまる児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの期間にある者。4月1日生まれの者にあっては18歳の誕生日の前日まで)を監護している母(父)や、母(父)にかわってその児童を養育している人に支給されます。

平成22年8月1日から父子家庭の父にも児童扶養手当が支給されるようになりました。

なお、児童が、心身に中程度以上の障害を有する場合は、20歳未満までの手当が受けられます。

  • 父母が離婚した後、父(母)と生計を同じくしていない児童
  • 父(母)が死亡した児童
  • 父(母)が重度の障害(国民年金の障害等1級相当)にある児童
  • 父(母)の生死が明らかでない児童
  • 父(母)から引き続き1年以上遺棄されている児童
  • 父(母)が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父(母)が引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 母が婚姻によらないで生まれた児童
  • 父母とも不明である児童

ただし、次のような場合は、手当を受けることができません。

児童が、

  • 日本国内に住所がないとき
  • 児童福祉施設等又は里親に委託されているとき
  • 母(父)の配偶者(内縁関係を含む)に養育されているとき(父(母)が重度の障害にある場合を除く)

母(父)又は養育者が、

  • 日本国内に住所がないとき

2.支給額

扶養数、所得額によって支給額が変わります。(平成29年4月~)

全部支給の場合

児童が1人のときの月額42,290円

児童が2人のときは、上記金額に9,990円の加算

3人目以降は、さらに5,990円ずつ加算されます。

一部支給の場合

所得に応じて下記の計算方法により決定されます。

一部支給額の計算方法

第1子の支給額

42,280円-{受給者の所得額(注1)-所得制限限度額(注2)}×0.0186705(注3)

第2子の加算額

9,980円-{受給者の所得額(注1)-所得制限限度額(注2)}×0.0028786(注3)

第3子以降の加算額

5,980円-{受給者の所得額(注1)-所得制限限度額(注2)}×0.0017225(注3)


(注1)収入から給与所得控除等の控除を行ない、養育費の8割相当額を加算した額です。
(注2)所得制限限度額は、下記の表に定めるとおり、扶養親族等の数に応じて額が変わります。
(注3)乗算後10円未満四捨五入

(注)一部支給の所得制限額を超える所得の場合は、全額が停止になります。

(注)全額が停止となっても資格は喪失とはなりません。

(注)手当を受けている人または手当の支給対象となっている児童が、公的年金もしくは遺族補償等を受けることができるようになった場合や、児童が公的年金の加算の対象となった場合には、手当の全部または一部を支給停止しなければならない場合がありますので、速やかに届けてください。

現在、子どもが1人の場合の手当額には、物の価格の上がり下がりを表した「全国消費者物価指数」に合わせて支給する額を変える物価スライド制が導入されていますが、平成29年4月からは、子供が2人以上の場合の加算額にも、この物価スライド制が導入されます。

児童扶養手当の所得制限

扶養親族等の数 請求者(本人) 配偶者、扶養義務者
全部支給 一部支給
0人 190,000円 1,920,000円 2,360,000円
1人 570,000円 2,300,000円 2,740,000円
2人 950,000円 2,680,000円 3,120,000円
3人 1,330,000円 3,060,000円 3,500,000円
4人 1,710,000円 3,440,000円 3,880,000円
5人以上 以下380,000円
ずつ加算
以下380,000円
ずつ加算
以下380,000円
ずつ加算

(注)扶養義務者の所得制限は受給者と同住所の場合に適用されます。

3.支給月

年3回の定時払および随時払があります。

  • 4月(12月から3月分)
  • 8月(4月から7月分)
  • 12月(8月から11月分)

の11日に振り込まれます。11日が土日祝日の場合は、その前日になります。

4.資格がなくなる場合

次のような場合には、手当を受ける資格がなくなりますのですぐに市役所に届け出してください。

  • 児童が18歳到達後、最初の3月31日になったとき(心身に障害があるときは20歳になったとき)
  • 手当を受けている母(父)が婚姻したとき
    (婚姻届を出していなくても、生計を共にしたときや内縁関係も含みます)
  • 遺棄していた父(母)から連絡、訪問、送金があったとき
  • 刑務所に拘禁されている父(母)が出所したとき(仮出所も含みます)
  • 児童が父(母)と生計を共にするようになったとき
  • 児童が施設に入所したときまたは児童が里親に委託されたとき
  • 養育者が児童と別居するようになったとき
  • 母(父)が児童を監護しなくなったとき
  • 児童が死亡したとき
  • 児童が婚姻したとき(事実婚を含みます)

平成24年8月から、配偶者からの暴力(DV)被害者に対する児童扶養手当の取扱いが変わりました。

平成24年8月施行の「児童扶養手当法施行令」により、支給要件の範囲が拡大されることに伴い、その運用についても見直しが行なわれました。

配偶者からの暴力(DV)被害者が、児童扶養手当を受給する場合、1年以上父(母)から遺棄等をされている事を受給要件としておりましたが、平成24年8月以降は、父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた子どもを監護している場合、児童扶養手当を受給することが可能となりました。

↑ページの先頭に戻る

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援室児童福祉係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2494   ファクス:0143-25-2401
Eメール:kodomo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ