文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 学ぶ・遊ぶ > 子育て > 配偶者やパートナーなどからのDV(ドメスティック・バイオレンス)に関する相談

配偶者やパートナーなどからのDV(ドメスティック・バイオレンス)に関する相談

家庭児童相談室では、DV(ドメスティク・バイオレンス)などの相談を受け付けています。地域や近所で、見たり聞いたりした場合も速やかにお知らせください。

相談内容、通報内容については秘密を守ります。

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは

DV(ドメスティク・バイオレンス)とは、英語の「DomesticViolence」をカナで表記したものです。直訳すると「家庭内暴力」という意味です。

一般的に、配偶者(内縁関係を含む)だけではなく、恋人、婚約者、同棲相手、別居中の配偶者、元配偶者、元婚約者など、親密な関係にあるパートナーからの身体的暴力またはこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼすような言動や行為です。

  • 蹴る、殴る、髪を引っ張る、水をかけるなど暴力による身体に対する暴力行為
  • 行動や交際・外出を制限する、人と会わせないようにするなど社会的に孤立させるような行為
  • 避妊に協力しないなど女性が望まない性的な行為を強要するなどの行為
  • お金を渡さない、借金を負わせるなど経済的な暴力行為
  • 無視する、罵る、他人の前で欠点を言うなど心を著しく傷つけるような行為
  • 子どもの前で暴力を振るうなどの行為

最近では、夫婦やパートナーなどの親密な関係のDVだけでなく、子どもや親族からの暴力のほか、高校生や大学生などの若者の恋人同士の間で発生する暴力行為「デートDV」についても増加しています。

平成20年1月のDV防止法の改正により、身体的暴力だけではなく、生命等に対する脅迫を受けた場合も保護命令の対象となりました。また、被害者の親族に対する接近禁止、電話やファクス、電子メール等の禁止も盛り込まれました。

平成25年12月DV防止法の改正により、同居する恋人間の暴力被害者にも保護対象が広がりました。シェルターに一時保護、加害者には接見禁止命令や自宅からの退去などの保護命令の申し立てが裁判所にできることになりました。

DVが与える影響について

被害者はパートナーからの暴力による怪我などの身体的な影響を受けるだけではなく、精神的な大きな影響を受けてしまうこともあります。また、子供自身が虐待を受けていなくても、殴られている所を見たりすることにより、心と身体に大きな影響を受けてしまい、その後の成長や発達に大きな障害を与えてしまう可能性があります。

男性からの相談も受け付けています

DV(ドメスティク・バイオレンス)というと、一般的には「男性(夫)から女性(妻)に対する暴力」ですが、全国では「女性(妻)から男性(夫)に対する暴力」による被害の相談が増えてきています。しかしながら、男性の場合、なかなか人に相談しにくいという現状があります。

「配偶者からの暴力の防止及び保護に関する法律(DV防止法)」は女性に限定していません。DV防止法は、被害者が男性の場合も女性同様に守ります。また、改正DV防止法(平成20年1月11日施行)では保護命令制度の対象となる暴力の範囲や保護される対象者の拡充などが図られました。

男性の場合、被害に遭いながらも、恥ずかしいことと思ったり、まわりの目を気にするなど、なかなか相談されない傾向があります。あなたが悪いのではありません。自分のせいだと思ったり、「わたしが悪いから…」などと自分を責めないでください。そのままにしておくことは、相手にとっても、またお子さんがいらっしゃる場合には子どもの心にも大きな傷を残してしまうことがあります。ひとりで悩まず相談してください。

連絡先

  • 家庭児童相談室婦人相談員
    電話:0143-25-2705
  • 胆振総合振興局(環境生活課)配偶者暴力相談支援センター
    電話:0143-22-5286
  • 室蘭警察署
    電話:0143-46-0110
  • NPO法人ウイメンズネット・マサカーネ
    電話:0143-23-4443

相談はさまざまな方法で受け付けています

家庭児童相談員、婦人相談員及び母子・父子自立支援員がいま抱えている問題について、個別にご相談に応じます。

個別相談

場所

室蘭市役所1階子育て支援課家庭児童相談室

相談日

月曜日から金曜日まで(土曜日、日曜日、祝日、年末年始は休み)

時間

8時45分から17時15分まで

  • 相談は予約をおすすめします。
  • 事前にご連絡があれば上記時間以外の相談も受け付けます。

電話相談

電話による相談も受け付けています。お気軽にお電話ください。

家庭児童相談室

電話:0143-25-2705

メール相談

Eメールによるご相談も受けられるようになりました。ご利用ください。

メールアドレスをクリックするとメールソフトが起動してメール送信画面が表示されます。

家庭児童相談室専用Eメール:kateisoudan@city.muroran.lg.jp

お願い

携帯電話等で、迷惑メール対策を行なっているかたは、あらかじめ「@city.muroran.lg.jp」からのメールを受信できるよう設定を行なってください。設定に関するお問い合わせは、ご利用の通信事業者等へお問い合わせください。

 

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援課児童福祉係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2494   ファクス:0143-25-2401
Eメール:kodomo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ