文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 生活保護 > 生活保護を受けるには?

生活保護を受けるには?

生活保護は、世帯単位で行い、世帯員全員が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することが前提でありまた、扶養義務者の扶養は、生活保護法による保護に優先します。

能力の活用

病気やけがなどの理由がない限り、働ける場合は働かなければなりません。

資産の活用

預貯金だけではなく生活するために必要なもの以外は処分し、生活費にあてなければなりません。(例:土地・家屋・生命保険など)

扶養義務の履行

親・子・兄弟姉妹などから、できる範囲で援助を受けなければなりません。

他法・他施策の活用

年金や手当など、生活保護以外で利用できる制度は活用しなければなりません。(例:児童扶養手当・雇用保険など)

精一杯働き、貯金を使いきり、親兄弟の助けも得られず、年金や雇用保険の給付などの手当も受けられず、生活のめどが立たないとき、その度合いに応じて生活保護費が支給されます。

 

お問い合わせ

保健福祉部生活支援課 
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2188   ファクス:0143-22-1750
Eメール:hogo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ