文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 生活保護 > 生活保護の医療扶助における後発医薬品使用の促進に関する取組について

生活保護の医療扶助における後発医薬品使用の促進に関する取組について

北海道では、医師が後発医薬品への変更を不可としている場合を除き、生活保護法指定薬局の協力を得て、生活保護受給者に対する後発医薬品の調剤推奨を行うなどの新たな取組を、平成27年2月から実施しています。これに伴い、室蘭市でも平成27年4月から同様の取組を行うこととしました。ご理解とご協力をよろしくお願いします。

概要はフロー図を、指定薬局で使用する様式は下記のとおり別紙1、別紙2、別紙3ですのでご覧ください。

フロー図(ワード:60KB)

別紙1(PDF:415KB)

別紙2(PDF:453KB)

別紙3(PDF:107KB)

別紙3(エクセル:46KB)

平成29年度後発医療品使用促進計画(PDF:89KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部生活支援課 
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2472   ファクス:0143-22-1750
Eメール:hogo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ