文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 生活保護 > 生活困窮者自立支援について

生活困窮者自立支援について
(社会福祉法人室蘭市社会福祉協議会委託事業)

 

あなたの困りごとの解決に向け、さまざまな事業で支援します。

生活に困っている

仕事が見つからない

家賃が払えない

住む所がない

家族のことで悩んでいる

将来が不安

病気で働けない

ひきこもり、社会に出るのが怖いなど

 

生活困窮者相談ダイヤル(電話:0143-84-5020)

までご相談ください

ご家族、まわりの方からの相談も承ります

 

自立相談支援事業

生活に困りごとや不安を抱えている方で、生活保護を受けていない方の相談窓口です。支援員が課題の解決に向けてあなたと一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、求職活動のお手伝いや必要な機関へつなぐなど自立に向けた支援を行います。

住居確保給付金事業

2年以内の離職などにより、住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をすることを条件に、室蘭市社会福祉協議会において相談をお受けし、室蘭市から一定期間、家賃相当額(上限あり)を支給します。生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。

住居確保給付金事業詳細

就労準備支援事業

働いた経験が少ない、ここ数年働いていないなど、すぐに就労することに不安がある方に、一般就労に向け、ボランティア活動や各種講座の受講などから始める支援を行います。

収入要件がありますが、まずはご相談ください。

  1. 上記住居確保給付金と同様の額以下であること
  2. 1に準ずる者として市が支援を必要と認める者であること

家計改善支援事業

借金の支払いが多く生活が苦しい方、少ない年金と預金の取りくずしで生活している方など、家計に関する問題について相談を受け、家計の立て直しプランを作成し、下記のような支援を行います。

家計表の作成などにより収支のバランスの改善に向け、何をするとよいか一緒に考えます。

滞納解消や債務整理に向け、関係機関への相談などのお手伝いをします。

必要に応じて貸付金制度の紹介をします。

学習支援事業

市内の要保護世帯・準要保護世帯・児童扶養手当受給世帯に属し、家庭学習などで手助けを必要とする中学生を対象に、希望する高等学校に進学するなど、経済的・社会的自立につなげることを目的として、教員経験者や大学生などのボランティアが個別学習の支援を行います。会場は、蘭西・蘭東・蘭北地区の3か所で、毎週土曜日です。

参加希望の方は、申し込みが必要です。詳しくはお問い合わせください。

室蘭市社会福祉協議会(電話:0143-83-5031)

お問い合わせ

保健福祉部生活支援課 
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2472   ファクス:0143-22-1750
Eメール:hogo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ