文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 障害福祉 > 障がいについてご理解を! > 障がい者理解促進事業について

障がい者理解促進事業について

ノーマライゼーション社会実現のため、本市では、障がいのある人との交流や、障害に関して知っていただく機会の提供などを通じた「障がい者理解促進事業」に取り組んでいます。現在行っている主な取り組みについてご紹介します。

主な取り組み 主な内容
障がいのある人との
共同交流作業の実施
共同交流作業

障がいのある人が、幼稚園・保育園児や各町会の方々と花苗の植え付けを行ない、共同作業を通じた交流促進を図っています。

室蘭市障害者活動支援施設利用者の方が、平成26年6月に1幼稚園2保育園で、平成25年6月に3町会1保育園で花苗共同植付作業を実施しています。

障害に関わる研修会等の実施研修会の様子

町会等の一般市民のかたや民生委員を対象として、専門職による障害に関する講義のほか、ピアサポーター(障がいのある相談者と同じ立場(障がいのある)の相談員)の実体験に基づいた講演などを実施しています。

ふれあいまつり開催
ふれあいまつり

障がいのある人の日々の活動を、一般市民のかたに知っていただくためのイベントです。
毎年9月上旬に開催されますので、ぜひご来場ください。
主なイベント内容としては、「各障害者施設の授産品の展示即売」、「手話コーラスなど障がいのある人やボランティアの活動発表」、「視力障害体験コーナーの開設」、「漫才やマジックショー」、「お楽しみ抽選会」、「屋外での屋台コーナー開設」、などがあります。

授産品の配布、授産品などの紹介リーフレット配布
授産品

障がいのある人の日々の活動のうち、就労活動について一般市民の方々に広く知っていただくため、授産品(障がいのある人が通う施設で製作された製品など)などの紹介リーフレットを配布しています。
また障がいのある人との共同交流作業や研修会開催時などには、授産品の販売促進を兼ねて、授産品そのものの配布も実施しています。

<平成29年度発行>

授産品・受託業務カタログ~福祉的就労事業所より市民・企業・団体のみなさまへ~(全体)(PDF:9,640KB)

はじめに1~2ページ(PDF:3,170KB)

商品・作業の紹介

事業所の紹介20~24ページ(PDF:1,956KB)

おわりに25~26ページ(PDF:2,005KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部障害福祉課 
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-1155   ファクス:0143-25-1166
Eメール:syougai@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ