文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 障害福祉 > 令和4年生活のしづらさなどに関する調査について

令和4年生活のしづらさなどに関する調査について

障害者施策の推進に向けた検討の基礎資料とするため、在宅の障害児・者等(難病等患者やこれまでの法制度では支援の対象とならない方を含む。)の生活実態とニーズを把握することを目的に、生活のしづらさなどに関する調査を行います。(厚生労働省所管調査です)

調査地区

国勢調査における調査地区となっており、本市では次の地域が本調査における調査区に指定されております。

町名(番地)
白鳥台(2丁目8番の一部、47番、48番)
水元町(25番の一部)
知利別町(1丁目21番、43番の一部)
東町(5丁目23番、24番、25番)

調査対象

調査地区に居住する在宅の障害児・者等(身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳所持者、難病等患者及びこれまで法制度では支援の対象とならないが、長引く病気や怪我等により生活のしづらさがある者)を対象としています。

訪問時期

調査員の訪問期間は、12月1日(木曜日)から12月22日(木曜日)を予定しております。

なお、調査員が訪問を開始する10日前を目安に、調査実施に関するお知らせを郵便ポスト等に投函します。

 

本調査へのご理解とご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。

 

周知用ポスター(厚生労働省)(PDF:817KB)

訪問する調査員は、北海道知事よりこの調査を行う者として任命されており、世帯を訪問する際には、携帯している調査員証を提示します。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部障害福祉課障害福祉係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-1155   ファクス:0143-25-1166
Eメール:syougai@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ