文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(令和4年5月30日まで)

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(令和4年5月30日まで)

事業概要

  • 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(1世帯あたり10万円)は、住民税均等割非課税世帯や令和3年1月以降に新型コロナウイルス感染症の影響で家計急変のあった世帯を支援する新たな給付金です。
  • 給付金を受給するためには手続きが必要です。

 

給付金の支給額

1世帯当たり10万円

支給対象となる世帯

次のいずれかにあてはまる世帯が支給対象となります。

  1. 世帯全員の令和3年度「住民税均等割が非課税」の世帯
  2. 新型コロナウィルス感染症の影響で令和3年1月以降の収入が減少し「住民税非課税相当」(注1)の収入となった世帯(家計急変世帯)

(注1)住民税非課税相当とは、世帯員全員のそれぞれの年収見込額(令和3年1月以降の任意の1か月収入×12倍)が市町村民税均等割非課税水準以下であることを指します。

 

 

扶養している親族の状況 非課税相当収入限度額 非課税相当所得限度額
単身又は扶養親族がいない場合

97.0万円

42.0万円

配偶者・扶養親族(1名)を扶養している場合

148.0万円

93.0万円

配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合

190.0万円

125.0万円

配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合

235.7万円

157.0万円

配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合

281.4万円

189.0万円

障がい者、寡婦、ひとり親、未成年の場合

204.3万円

135.0万円

(注)所得は令和3年度分の源泉徴収票又は年収換算から給与所得控除額、経費等を減額して算出します。

詳細は下記をご参照ください。

室蘭市|市・北海道民税が課税されないかた

給付金の支給時期

室蘭市が確認書または申請書を受理した日から2から3週間後が目安です。

給付金の支給の手続き

世帯全員の令和3年度「住民税均等割が非課税」の世帯

  1. 対象となる世帯には、室蘭市から令和4年2月17日(木曜日)に確認書を発送します。配送は件数が多く時間を要するため、2月21日(月曜日)から2月28日(月曜日)の期間で順次配送されます。
  2. 中身を確認して、室蘭市に返信してください。(令和4年5月17日火曜日までに投函)

確認事項

  • 記載された給付金振り込み口座番号に誤りがないか。口座番号が空白の方は、受取口座番号を記入し、通帳の写しと本人確認証の写しの両方を添付してください。
  • 住民税が課税されている方の扶養親族のみの世帯ではないことを確認してください。
  • 令和3年1月2日以降に市外から室蘭市に転入された方、施設入所などにより住民登録地と異なる住所地への送付となる方等につきましては、確認に時間を要することから、送付が遅れる場合があります。

申請書の送付先を変更する場合


入院や施設入所、出張等の理由で住民登録地から離れてお住まいの場合、届出によって送付先を変更することができます。「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金確認書送付依頼届」を郵送で下記の提出先までお送りください。

必要な書類は次のとおりです。

新型コロナウィルス感染症の影響で令和3年1月以降の収入が減少し「住民税非課税相当」の収入となった世帯(家計急変世帯)

  • 給付金を受け取るには、申請が必要です。
  • 申請書に必要事項を記入して、添付書類とともに下記の室蘭市担当窓口に、直接または郵送でご提出ください。
  • (注)新型コロナウイルス感染症の影響ではない収入減少により給付を申請した場合、不正受給(詐欺罪)に問われる場合があります。
  • 給与明細書などの収入(所得)が確認できる書類がない場合は、下記の「収入(所得)に関する申立書」を提出してください。

 

申請期間

令和4年2月21日(月曜日)から令和4年9月30日(金曜日)

申請書備付場所

市役所本庁舎、戸籍住民課(広域センタービル)、蘭東支所、市民会館、図書館本館、

FKホールディングス生涯学習センターきらん、室蘭市社会福祉協議会

DV等避難中でも受給できる場合があります。

DV(ドメスティック・バイオレンス)等避難中でも受給できる場合があります(PDF:254KB)

一定の要件

  • 配偶者暴力防止法に基づく保護命令が出されていること
  • 婦人相談所等から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」が発行されていること
  • 住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること等

詳細は、室蘭市「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」担当窓口または子育て世代包括支援センター「ここらん」にご相談ください

室蘭市|子育て世代包括支援センター「ここらん」

里親等に委託されている方や児童養護施設等に入所している方

  • 里親等に委託されている方や児童養護施設等に入所している方は、里親等とは別世帯として支給を受けることができます。
  • 2か月以内の期間を定めて委託されている方や入所している方は対象外です。

確認書の送付

  • 基準日における委託先や入所先あてに所在地の市町村が確認書を送付します。

記入・返送方法

住民税非課税世帯の手続き方法のとおりです。

  • 里親や施設職員による代理確認を基本とし、また、給付金の振込先は本人名義の口座を原則とします。

措置入所等をされている障がい者・高齢者の方

  • 措置入所等をされている障がい者・高齢者の方が住民税非課税世帯に該当する場合は、支給を受けることができます。
  • 2か月以内の期間を定めて措置入所等をされている方は対象外です。

確認書の送付

  • 基準日において措置入所先等に住民登録がある場合は、住民登録地の市町村が確認書を送付します。
  • 基準日において措置入所先等に住民登録がない場合は、当該措置を行った市町村が確認書を送付します。

記入・返送方法

住民税非課税世帯の手続き方法のとおりです。

  • 給付金の振込先は本人名義の口座を基本とします。

お問い合わせ

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)等に関する国のコールセンターおよび内閣府ホームページ


フリーダイヤル:0120-526-145
時間:午前9時から午後8時

 

内閣府ホームページ(外部サイトへリンク)

 

室蘭市「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」担当窓口

〒051-8511室蘭市幸町1番2号

電話番号:0143-25-2539

受付時間:平日9時から17時

 

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金をよそおった「詐欺」や「個人情報の搾取」にご注意ください

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に関して、市役所や市の職員が電話や訪問等により、次のことを求めることは絶対にありません。

  • 現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること
  • 受給に当たり、手数料の振込みを求めること
  • Eメールなどを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること

自宅や職場などに都道府県・市区町村や国(の職員)などをかたる不審な電話や郵便があった場合は、お住まいの市区町村や最寄りの警察署か警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部高齢福祉課福祉総務係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2872   ファクス:0143-25-3330
Eメール:fukushi-soumu@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ