文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > オーストラリア国内で保管されているアイヌ遺骨の出土地域への返還手続について

オーストラリア国内で保管されているアイヌ遺骨の出土地域への返還手続について

「アイヌ政策推進会議」(座長:内閣官房長官)において、オーストラリア国内で保管されている、日本の大学に由来するアイヌの人々の御遺骨については、「大学の保管するアイヌ遺骨等の出土地域への返還手続に関するガイドライン(平成30年12月)(外部サイトへリンク)の活用によりアイヌの方々への返還等を進めるとされたことに基づき、文部科学省では、出土地域が特定されているアイヌの人々の御遺骨について、出土地域への返還手続を進めてまいります。

 

image2

出土地域に居住するアイヌの人々を中心に構成された団体(以下「出土地域アイヌ関係団体」といいます。)が、御遺骨等の返還を希望する場合には、以下の手続に従って申請等を行ってください。

(1)出土地域が特定された御遺骨に関する情報の確認

以下より、出土地域が特定された御遺骨に関する情報を確認してください。

出土地域が特定された御遺骨に関する情報(PDF:215KB)

(2)お問い合わせ先

返還を希望する方(出土地域アイヌ関係団体の代表者)は、下記までお問い合わせください。

問い合わせ先 アイヌ遺骨等地域返還連絡室(文部科学省研究振興局大学研究基盤整備課)
住所 〒100-8959東京都千代田区霞が関三丁目2番2号
TEL 03-5253-4111(内線4296)
FAX 03-6734-4086
E-mail chiikihenkan@mext.go.jp(E-mailについては24時間受付)
受付時間 月曜日から金曜日(祝祭日を除く)10時から12時、13時から17時

文部科学省ホームページ(外部サイトへリンク)

(3)申請書類等の提出

申請団体が返還を希望する御遺骨等の出土地域に居住する又は縁のあるアイヌの人々を中心に構成された団体であることや、返還後の祭祀供養方法を確認するための書類等を提出していただきます。

(4)他の団体からの申請等の有無の確認

文部科学省が、申請団体が地域返還団体として適切な者であることを確認できた場合、御遺骨等に対して返還の申請があったことを公表し(団体名、氏名は公表しません)、他の団体からの申請等がないか確認します。確認期間は、文部科学省が地域返還の申請があった旨をホームページ等で周知し、3か月経過した日、又は、令和5年2月24日(金曜日)のうちいずれか遅い方の日となります。

(5)返還の詳細に関する合意について

御遺骨を返還する団体が決定しましたら、御遺骨を保管する大学と協議の上、引渡日時、場所、方法等を決定し、合意の書面を交わします。

申請受付期間

令和4年8月23日(火曜日)から令和5年2月24日(金曜日)

なお、上記期間中に申請がない場合、御遺骨は北海道白老郡白老町に整備された慰霊施設に集約しますが、集約後においても引き続き、国が返還手続を実施します。

 

出土地域が明らかなアイヌ遺骨等の返還手続等に関する要項(PDF:169KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部高齢福祉課福祉総務係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2872   ファクス:0143-25-3330
Eメール:fukushi-soumu@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ