文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > ごみ > スプレー缶やカセットボンベ、ライターの処理方法について

スプレー缶やカセットボンベ、ライターの処理方法について

スプレー缶ガス缶ライター

スプレー缶・カセットボンベをごみに排出する場合

ライターをごみに排出する場合

室蘭市では、毎年ごみ収集車の火災事故が後を絶ちません。ごみとして出されたガスボンベやスプレー缶、ライターの中に残っていたガスやオイルが原因とみられています。

大きな火災になると作業員のみならず周辺の住民や通行人にまで被害が及ぶ可能性があります。

ごみ収集車の消火作業火災原因のガス缶

市民のみなさんの正しい処理で火災は予防できます。安全なごみ収集に市民のみなさんのご協力をお願いします。

スプレー缶・カセットボンベをごみに排出する場合

1.必ず中身を使い切ってください。中身が残っている場合は、製品に表示されている方法で出し切って下さい。最近の製品の多くは、ガス抜きキャップなど「中身排出機構」が装着されています。

ガス抜きキャップ

(詳しくは日本エアゾール協会のホームページ参照)

一般社団法人日本エアゾール協会ホームページ(外部サイトへリンク)

2.屋外等の風通しの良い火の気がないところで缶に穴を開けて下さい。ホームセンターなどで販売されている穴あけ器を使用すると簡単に開けられます。

穴あけ器

3.上記1.~2.により、完全に中身を出し切った事を確認してから、燃やせないごみの日に燃やせないごみ袋に入れて排出して下さい

 

ライターをごみに排出する場合

1.使い捨てライターは、着火スイッチを押した状態で火を吹き消し、そのまま着火スイッチを輪ゴムやガムテープで固定して、ガスが抜け切るまで放置して下さい。

ライターのガス抜き

ガス注入式ライターは注入口の先端をドライバーなどで押して、「シュー」という音がしなくなるまでガスを抜いてください。

なお、ガス抜きの詳しい方法は、一般社団法人日本喫煙具協会のホームページをご覧ください。

一般社団法人日本喫煙具協会(外部サイトへリンク)

2.何度か着火作業をして火が付かなければガス抜き終了です。火が付くようなら1.の作業を最初からやり直して下さい。

3.上記1.~2.により、ガス抜きが完了した事を確認してから、燃やせないごみの日に燃やせないごみ袋に入れて排出して下さい。

注意:スプレー缶、ライター等のガス抜きをする場合は、必ず屋外の風通しの良い火の気が無いところで行ってください。

お問い合わせ

生活環境部環境課 
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-23-2225   ファクス:0143-22-7148
Eメール:kankyou@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ