文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 【平成30年北海道胆振東部地震】地震発生時の行動アンケート結果報告

【平成30年北海道胆振東部地震】地震発生時の行動アンケート結果報告

調査目的

平成30年9月6日に室蘭市で過去最大震度である震度5弱を観測しました。同時に日本で初めて北海道全域がブラックアウトとなり、発災当初は電力の復旧見込みが全く予想もつかない状況に陥りました。このような非常時における、市民の災害時での初動から復興復旧に移るまでを把握することを目的とし調査を実施致しました。

調査機関

室蘭市総務部防災対策課、国立大学法人室蘭工業大学

調査対象

室蘭市民

対象者の抽出方法

住民基本台帳から無作為に5,000世帯を抽出

調査期間

調査基準日:平成30年9月25日

調査実施期間:平成30年9月25日から平成30年10月12日

アンケート報告

平成30年北海道胆振東部地震地震発生時の行動アンケート結果(PDF:1,877KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部防災対策課 
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2244   ファクス:0143-25-2503
Eメール:bousai@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ