文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 動物・ペット > ペット(犬・猫)について・犬の登録・狂犬病予防注射

ペット(犬・猫)について・犬の登録・狂犬病予防注射

ペットを飼う前に

今住んでいる所でペットは飼えますか

マンションやアパートで動物を飼育することは禁止されていませんか?

隠れてこっそりでは、住居立ち退きや近所同士のトラブルを招きます。

吠え声・鳴き声や臭いなど、しつけをしっかりしておいてもトラブルは絶対にないとは言い切れません。

経済的に余裕はありますか

毎日の食費、長毛種の場合は美容師に頼んで毛をきれいにカットしてもらったり、年一度のワクチン、狂犬病の予防注射、春から秋までにフィラリアの予防薬、去勢・避妊代、予期せぬ病気となにかとかかる費用のことも頭に入れておいて下さい。

ペットを飼うことを家族全員が賛成してますか

家族全員がペットを飼うことに賛成してますか、ぺットショップで見て可愛いからといって衝動買いをしてませんか、動物のアレルギーなどがないか家族全員でしっかり相談をしてから決めましょう。

何のために飼うか目的を持ちましょう

ただ何となくではなく、はっきりとした目的を持って下さい。

それによってあなたの家庭にぴったりのペットを迎え入れられるからです。

ペットの性格や習性をよく知り犬種・猫種を選んでください。

世話をする人をしっかり決めましょう

トイレのしつけに始まって、食事、散歩、病気の予防に手当、掃除、ペットにはいろいろな世話があります、最初にちゃんと決めておきましょう。

ペットが死ぬまで飼うことが出来ますか

とりあえず飼ってみよう、というのはダメです。

飼う時は一生涯一緒に暮らす家族とするのが条件です。

やむを得ず譲るより、他に方法がないときには終生の適正飼養者を探す義務があります。

ペットはルールを守って正しく飼いましょう

最近「犬の散歩中、糞の始末をしていかない」という苦情が多く寄せられています。

袋とショベルをもって糞の始末をしない悪質な飼い主もみうけられるようです。

散歩中の糞の後始末は飼い主の義務です。

 

犬の登録と狂犬病予防注射

狂犬病予防法に基づき、すべての飼い犬は(生後91日以上の犬)生涯一度の登録と、狂犬病予防注射が義務付けられています。毎年4月1日~6月30日までの間に受けなければなりません。

狂犬病予防法とは

狂犬病予防法とは文字どおり、狂犬病の発生を予防し、その蔓延を防止し、撲滅することを目的としています。

そのため、犬の飼い主にいくつかの義務が課せられています。

犬の飼育状況を把握するための登録制度と、狂犬病が侵入したときのための狂犬病予防注射がそれにあたります。

狂犬病とは

狂犬病は、人を含めた全ての哺乳類が感染し、発病すると治療方法がなく、悲惨な神経症状を示して100パーセント死亡する極めて危険なウイルス性の人獣共通感染症です。

狂犬病ウイルスの感染源動物は、先進国では主に野生動物で、北米では特にアライグマ、スカンク、キツネ、食虫コウモリ、ヨーロッパでは赤ギツネが中心になっています。

一方、発展途上国では、主に犬や吸血コウモリ(中南米)で、人での発生の90パーセント以上がこれらの国々で起こっています。

中でも年々交流が盛んになっているロシアや東南アジアなどでは多数の発生が報告されており、何時進入されてもおかしくない状況にあると言えます。

対象になる犬とは

犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に登録申請をし、鑑札と門標の交付を受けなければならないと定められています。

登録は、犬の生涯に一度ですが、その所在地に移動があった場合は届出が必要です。

狂犬病予防注射についても、生後91日以上のすべての飼い犬は、毎年一回、4月1日から6月30日までの間に狂犬病予防注射を受け、注射済票の交付を受けなければなりません。

さらに、鑑札や注射済票は犬に付けておかなければならないと定められています。

これら、どれかひとつでも違反があれば、20万円以下の罰金又は、科料が課せられます。

登録をするには

室蘭市で登録をするには、室蘭市役所地域生活課生活安全係か、室蘭市内の動物病院で行なうことが出来ます。

登録ができる動物病院は以下のとおりです。

院名 住所 電話
内山動物病院 室蘭市山手町1丁目3番10号 0143-23-7227
奥山獣医科医院 室蘭市中島町2丁目8番17号 0143-44-4678
三松ペットクリニック 室蘭市中島町2丁目27番6号 0143-48-9027
たかはし動物病院 室蘭市八丁平3丁目25番5号 0143-43-8602

狂犬病予防注射を受けるには

狂犬病予防注射は動物病院で受けてください。

室蘭市、登別市、伊達市内の動物病院で狂犬病予防注射を受けた場合、注射済票は即日交付を行なうことが出来ますが、上記3市以外の動物病院で狂犬病予防注射を受けた場合は、交付手数料550円を持って室蘭市役所本庁の地域生活課生活安全係で注射済票の交付を受けてください。

犬に関する手数料

犬の登録 1頭につき 3,000円
狂犬病予防注射済票の交付 1件につき 550円
犬の鑑札の再交付 1件につき 1,600円
狂犬病予防注射済票の再交付 1件につき 340円

犬の飼い主の義務

  • 犬の所有者は犬を取得した日から30日以内に犬の登録をする。
    (生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日から30日以内に犬の登録をする。)
  • 犬の所有者は狂犬病予防注射を毎年一回受けさせなければならない。
  • けい留の義務(人畜その他に危害を加えないように、丈夫な綱、鎖等で固定的な施設又は物につなぐ)
  • 鑑札及び狂犬病予防注射済票を装着
  • 犬を飼養している旨の表示(門標の貼付)
  • 登録を受けた犬の所有者の変更があったときは、新所有者が30日以内に届出
  • 登録を受けた犬の所有者は、犬が死亡したときは30日以内に届出
  • 飼い犬が人畜をかんだ場合には直ちに市役所に届出(届出の義務)
  • 適正、終生飼養、遺棄の禁止

(注)これら、どれかひとつでも違反があれば、罰金又は科料が課せられます。

申請書・届出ダウンロード

 

猫の飼い主さんへ

のらネコにエサを与えているかたへ

のらネコにエサを与えると、その地域にたくさんのネコが居着き、排泄物による異臭や庭・畑荒らし、泣き声などによる苦情のため隣近所の深刻なトラブルになります。

1匹の、のらネコにエサを与えると短期間でたくさんの、のらネコが居着きます。以前に、1軒の家で40匹余りの、のらネコが居着いた例もあります。

ネコは一ヶ月に(ドライフードで)約3キログラムから6キログラムのエサを必要とし、糞は約2キログラムから4キログラム、尿は約1リットルを排泄します。

たとえば、10匹の、のらネコにエサを与えた場合、隣近所に毎月40キログラムの糞と10リットルの尿をばらまいていることになります。

隣近所の苦情やトラブルが深刻な問題に発展し、エサを与えている人が、飼い主とみなされ、他人に損害を与えたとして、損害賠償請求が認められた判例もあります。

また、気まぐれにエサを与えることは、のらネコたちの慢性的な飢えを招きネコ同士の共食いを起こすこともあります。

エサを与えるのなら、きちんと自分の家ネコとして責任を持って飼育をしてください。

かわいいからとか、かわいそうだからと言って安易にエサを与えることは、不幸なネコをつくり、近所のトラブルを招き、ネコぎらいな人を増やすことになります。

家ネコは室内飼育に努めましょう

ネコにとって屋外は決して良い所ではありません、のらネコの6割がネコエイズに感染しているという統計もあります。

ネコを外に出すといろいろな病気に罹ったり、交通事故に遭う可能性が高くネコにとっては大変危険です。

また、公園の芝生や砂場、他人の庭や畑などを荒らしたり、糞や尿などで汚したりすることで、近隣の環境を損なう原因となることもあります。

病気や怪我で死んでしまったり、隣近所とのトラブルになってから後悔するより、室内飼育に努めましょう。

室内飼いの利点

  • ネコ同士の喧嘩による傷を防げる
  • キツネや犬による捕食の心配が無くなる
  • 伝染性の病気が予防できる
  • 交通事故の心配がなくなる
  • 鳴声などの近隣迷惑を防げる
  • 虐待や捕獲の心配がなくなる
  • ノミやダニ(疥癬など)を防げる
  • 排泄物による環境汚染を防止できる

ネコを飼うためには

ネコの苦情の大半は糞尿のことです、飼養匹数プラス1のトイレを用意しましょう。

子猫がかわいいのは一瞬です、終生飼育が出来ないなら産ませないことです、発情前に避妊・去勢手術をしましょう。

トイレが汚れていると排泄が乱れる場合があります。排泄物の処理はこまめに行ないましょう。

ネコはとても遊び好きです、上下運動などが出来るように遊び場を工夫しましよう。

ネコは必ず爪を研ぎます爪は定期的に切り、爪とぎを用意しましょう。

 

犬または猫の引き取り

どうしても飼うことができなくなった犬や猫は捨てずに、保健所又は市役所に相談をしてください。

犬や猫は家族の一員として終生飼育が基本原則です。

しかし、やむを得ず飼えなくなったときは、責任を持って新たな飼い主を探すよう努めてください。

どうしても新たな飼い主が見つからなかったときは、保健所に相談してください。

胆振総合振興局保健環境部保健行政室(室蘭保健所)生活衛生課環境衛生係

室蘭市海岸町1丁目4番1号(むろらん広域センタービル)電話:0143-24-9848

「犬猫の飼い主さがしノート(胆振総合振興局)」へ(外部サイトへリンク)

 

 

お問い合わせ

生活環境部地域生活課生活安全係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2381   ファクス:0143-24-7601
Eメール:eisei@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ