文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > > 固定資産税の軽減措置 > 認定長期優良住宅に対する課税標準の減額措置

認定長期優良住宅に対する課税標準の減額措置

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の規定に基づいて新築され、室蘭市から認定を受けた長期優良住宅は、申告することによりその住宅に対する固定資産税が一定期間減額されます。

減額を受けるための要件

  • 平成21年6月4日から令和2年3月31日までに新築された住宅
  • 耐久性、安全性等の住宅性能が一定の基準を満たすものとして、室蘭市から認定を受けた住宅
  • 居住部分の床面積が、50平方メートル(一戸建て以外の賃貸住宅については40平方メートル)以上280平方メートル以下である住宅
  • 居住部分の割合が、家屋の2分の1以上である住宅

減額の期間

  • 一般の住宅:新築後5年度分
  • 3階建て以上の中高層準耐火住宅、耐火住宅:新築後7年度分

減額される範囲と税額

一戸当たり床面積 減額される税額
120平方メートル以下 税額の2分の1
120平方メートル超 120平方メートル相当の税額の2分の1

申告方法

固定資産税の減額を受けるには、新築された翌年の1月31日までに以下の書類により申告してください。

申告に必要なもの

  • 認定長期優良住宅に対する固定資産税減額申告書(以下よりダウンロードしてください)
  • 室蘭市の認定を受け、建てられたことを証する「認定通知書」の写し

申請書ダウンロード

お問い合わせ先

長期優良住宅に関すること

室蘭市都市建設部建築指導課(電話:0143-25-2664)

詳細は以下のページをご覧ください。

長期優良住宅法のページへ

長期優良住宅の法律や認定基準に関すること

詳細は以下をご覧ください。

国土交通省のホームページへ(長期優良住宅法関連情報)(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

企画財政部市税課固定資産税係
住所:〒051-8530 室蘭市海岸町1丁目4番1号
電話:0143-25-2707   ファクス:0143-22-1119
Eメール:tochi@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ