文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > > 新築・増改築された場合

新築・増改築された場合

家屋の新築・増改築

家屋を新築または増改築されたかたは登記の申請(変更)が必要になり、完成した年の翌年度から固定資産税・都市計画税が課税されます。

新築・増改築された場合は調査に伺います

家屋を新築または増改築された場合は、税額を算出するため固定資産評価補助員が家屋の調査(20分程度)に伺います。

調査の際には固定資産税についてのご説明もしますので、できる限りご本人様もしくはご家族様の立ち会いをお願いいたします。また、間取りや内装資材等の確認のため各室内を拝見しておりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

調査日については、家屋の完成後、市役所から連絡をさせていただき日時を調整しています。留守がちなお宅や、完成後早めの調査を希望される場合は事前にお電話等でご連絡ください。

 

お問い合わせ

企画財政部市税課固定資産税係
住所:〒051-8530 室蘭市海岸町1丁目4番1号
電話:0143-25-2707   ファクス:0143-22-1119
Eメール:tochi@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ