文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 行政 > 政策・計画 > 耐震診断結果に基づく公共施設再編整備について

耐震診断結果に基づく公共施設再編整備について

室蘭市では、室蘭市耐震改修促進計画に基づく公共施設の耐震化促進のために、平成22年度~平成23年度に耐震診断を実施しました。各施設における耐震診断結果と今後の進め方などにつきましては、以下のとおりとなっています。(最終更新日:平成25年3月26日)

耐震改修促進法のページへ

耐震診断結果と今後の進め方について(更新日:平成24年3月12日)

特定建築物と非特定建築物については、面積など要件によって区分しています。

特定建築物の検討状況

特定建築物(13施設)

  1. 室蘭市役所本庁舎
  2. 室蘭市女性センター
  3. 胆振地方男女平等参画センター
  4. 室蘭市文化センター管理棟
  5. 室蘭市文化センター大ホール【耐震性を有する】
  6. 室蘭市青少年科学館(プラネタリウムを含む)
  7. 市立室蘭図書館
  8. 室蘭市港の文学館
  9. 室蘭市体育館
  10. 室蘭市青少年研修センター
  11. 室蘭市学校給食センター
  12. 室蘭市総合福祉センター
  13. 市立室蘭看護専門学院(校舎棟・体育館棟)

非特定建築物の検討状況

非特定建築物(8施設)

  1. 室蘭市役所分庁舎
  2. 室蘭市文化センター地下駐車場(リハーサル室・通路含む)
  3. 室蘭市民俗資料館【耐震性を有する】
  4. 中島公園野球場管理棟
  5. 室蘭市母恋会館
  6. 室蘭市本輪西会館【耐震性を有する】
  7. 保健福祉部分庁舎
  8. 市立室蘭水族館本館

複合公共施設整備の検討について(更新日:平成24年11月26日)

耐震診断結果でNGとなった「総合福祉センター」「青少年研修センター」などの施設については、現施設を廃止し、施設機能を集約し複合的な公共施設の整備を検討しています。

複合公共施設では、「多世代交流の促進」をポイントにしており、公共施設の集約化と世代間交流を促す新たな機能導入の「ハード・ソフト」の両面から検討を進め、幅広い市民の皆様と意見交換を実施しています。

現在までの検討状況は次のとおりとなっています。

今後も平成24年度内の素案とりまとめに向けて検討を進めてまいります。

耐震診断結果に基づく公共施設の整備について(更新日:平成25年3月25日)

平成24年3月に考え方を取りまとめた施設のうち、「平成24年度内に考え方等を取りまとめる」とした9施設の今後の進め方については、以下のとおりとなっています。

1.室蘭市文化センター管理棟

2.室蘭市文化センター地下駐車場(リハーサル室、通路含む)

3.室蘭市港の文学館

4.市立室蘭図書館

5.室蘭市青少年科学館(プラネタリウムを含む)

6.室蘭市女性センター

7.室蘭市総合福祉センター

8.室蘭市青少年研修センター

9.室蘭市体育館

今後の耐震診断結果に基づく公共施設の整備スケジュールについては、概ね今後10年間とする中で、計画的に整備を進めていきます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部行政マネジメント課行政マネジメント係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-50-6210   ファクス:0143-24-7601
Eメール:gyousei-mgt@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ