文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > 行政 > 国内交流 > プロビデンス号

プロビデンス号

プロビデンス号について

プロビデンス号の画像

今から約200年前の1796年、英国軍艦“プロビデンス号”がキャプテン・W・R・ブロートン中佐に率いられ室蘭港へ初入港した。当時のヨーロッパ諸国にとっては日本を含む、北太平洋アジア大陸東沿岸部は、まだ実測されていない未知の世界であった。

探検航海・全航跡

“プロビデンス号”は当初、パンの木の運搬船として1791年誕生しました。
その後1794年、スループ型軍艦に改修され探検船として活躍、1796年9月28日、初めて室蘭港を訪れました。この時、松前藩藩医、加藤肩吾らと面会し地図の交換を行ないました。
また、デンマーク人水兵ハンス・オルソンが事故で亡くなり、大黒島に埋葬しています。
10月1日、“プロビデンス号”は室蘭を出港し千島列島へ向かい、シンシル島へ到達しますが、厳冬のため探検継続を断念し、越冬のためマカオに向かいます。マカオで次の探検に備え伴走スクーナー船を購入、2隻での探検を開始しますが、1797年5月17日、“プロビデンス号”は沖縄、宮古島沖で座礁沈没してしまいます。
乗組員全員はスクーナー船でマカオに戻り、体制を整え6月26日スクーナー船で出港、8月12日に室蘭港に再来、再び加藤とブロートンは地図を交換しました。
8月22日、室蘭港を出港し津軽海峡を横断(ヨーロッパ人として初めて津軽海峡の実在を証明すると共に、蝦夷地が日本の一部として独立した島であることを実証しました)、日本海を北上しますが、間宮海峡まで到達できずに北上を断念。中国大陸沿岸を南下し、マカオ、マラッカ海峡を経てスリランカ、喜望峰を越えて1799年2月イギリスへ帰還しました。

大黒島(だいこくじま)

絵鞆岬(えともみさき)の突端、室蘭港の入り口に浮かぶ周囲約700メートル、面積約2.4ヘクタールの小さな島。室蘭八景の一つで黒百合の咲く島として、市民に親しまれている。

大黒島の写真

沖縄県宮古島

宮古島の写真

W・R・ブロートン

W・R・ブロートンの写真

噴火湾の命名者のW・R・ブロートンは、1792年には“チャタム号”を指揮して、英国探検隊に参加。アメリカ大陸北西海岸を測量し、コロンビア川を溯る探検を行ない、ワショウガルという地にたどりつき“バンクーバー(フオトバンクーバー・バンクーバー砦)”と命名した。現在のワシントン州のバンクーバー市である。
“プロビデンス号”での探検日誌は、北太平洋探検航海記として1804年ロンドンで発行された。彼はこの後“バタビア号”、“ペネローぺ号”、“イラストーリアス号”を歴任、1815年に大佐となり“ロイヤルソブリン号”を指揮した。
1818年、海軍を退役し、1821年3月13日、イタリア、フィレンツェ近郊で生涯を終えた。

お問い合わせ

総務部総務課都市交流
住所:〒050-0074 室蘭市中島町1丁目21番7号
電話:0143-43-9092   ファクス:0143-43-9094
Eメール:kokusai@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ