文字サイズ 拡大縮小元に戻す 配色 背景色: 元の色背景色: 青背景色: 黒 EnglishChineseKorean

ホーム > くらし > 町内会・自治会 > 町内会・自治会等地縁による団体は法人格を取得できます

町内会・自治会等地縁による団体は法人格を取得できます

町内会・自治会等で、既に不動産又は不動産に関する権利等(注)を保有している、もしくは取得の見込みがある場合は、市長の認可を得て法人格を得ることにより、町内会・自治会の名義で不動産登記ができるようになりました。

このように法人格を得た町内会・自治会等のことを認可地縁団体といいます。

(注)不動産に関する権利等とは

  1. 不動産登記法第1条各号に掲げる土地及び建物に関する権利
  2. 立木に関する法律第1条第1項に規定する「立木」の所有権、抵当権
  3. 登録を要する金融資産(国債、地方債、社債)
  4. その他地域的な共同活動に資する資産であって、登録を必要とするもの(当該地域で除雪作業をするための車両、福祉の用に供する車両等)

地縁による団体とは

地縁による団体は、「町又は字の区域その他市町村内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体」と定義され、区域に住所を有することのみを構成員の資格としているものです。したがって、自治会、町内会のように区域に住所を有する人は誰でも構成員となれる団体は、原則として「地縁による団体」と考えられます。

これに対して、青年団や婦人会のように年齢や性別を条件とする団体や、スポーツ同好会のように活動の目的が限定的に特定されている団体は、たとえ区域が特定されていても地縁による団体とは考えられません。

認可を受けるための要件

    市長の認可を受けるためには、以下すべての条件を満たしていることが必要です。
  • 町内会・自治会活動を行なっていること(清掃活動、防犯活動、防災活動、集会施設の管理など)
  • 地番や道路、河川などで町内会・自治会の区域が容易に分かること、またその区域で2年以上の活動実績があること
  • 年齢・性別等を問わず区域に居住するすべての住民は構成員になれるものとし、区域内の住民の過半数は現に構成員になっていること
  • 規約に、目的、名称、区域、事務所の所在地、構成員の資格に関する事項、代表者に関する事項、会議に関する事項、資産に関する事項が定められていること

各種手続き等について

地縁団体認可申請ハンドブック、様式集を活用してください

認可申請時の流れ、認可後の地縁団体の手続き等を掲載したハンドブックと、認可申請に必要な各種様式・記載例や認可後の各種申請書類を掲載した様式集をご活用ください。(平成29年12月改正)

 

認可地縁団体が所有する不動産に係る登記の特例についてのページへ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活環境部地域生活課市民生活係
住所:〒051-8511 室蘭市幸町1番2号
電話:0143-25-2223   ファクス:0143-24-7601
Eメール:kyodo@city.muroran.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか? (必須)

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?(必須)

 

ページトップへ